初期費用2 礼金ってなんだろう?

初期費用2 礼金ってなんだろう?部屋を借りるとき、敷金とともに必要となるのが礼金です。

礼金とは、文字どおり大家さんに「お礼」の意味で支払われるお金と考えるのが一般的。
この礼金、法律的な定めはなく、また敷金とは違って契約終了後に戻ってくるお金ではないんです。

誰でも引越しの際の初期費用はできるだけ安くおさえたいところ。
礼金ナシという物件についつい目がいってしまうと思うのですが、ちょっとだけ気を付けて見てください。

実は礼金アリ物件とナシ物件とを比べると、立地や設備などの条件が類似している物件でも、
礼金アリ物件のほうが月額賃料がお安く設定されている場合が多いんです。
こういうところで還元されてるんですね。

ちなみに、そもそもの礼金の由来は、地方から大都会東京に単身上京する子供を心配して、
いざというときは大家さんに面倒を見てもらえるように『前もって感謝』という意味でお金を払ったとか、
戦後の住宅難の時代に『家を貸してくれてありがとう』という意味で包んでいたときの名残りだとか。

この慣習は主に関東で広まり、その金額は東京では通常家賃の2ヶ月分ですが、
関西には礼金というものがなく地域的な習慣や格差があります。

カテゴリー: 不動産用語, 賃貸不動産について パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です