帖と畳と帖数計算

帖と畳と帖数計算

Q 畳の単位の帖と畳ってどんな違いがあるの?

【帖と畳】
この二つ、両方とも部屋の広さを表す単位で基本的には同じなんですが、
ちょっとした大きな違いがあるんです。

「帖」は首都圏不動産公正取引協議会のルールで
1帖(畳)=1.62平米(㎡)以上と決められているんです。
(バルコニー等の広さは部屋の平米数に含まれません。)

「畳」は地域により大きさが違うものがあり、
部屋の広さを表す単位としては不安定で誤解が生じる可能性があるんです。

例えば、関東圏では主に「江戸間(176x88cm)」、名古屋あたりでは「中京間(182x91cm)」、
関西方面になると「京間(191×95.5cm)」というふうにそれぞれ若干異なるサイズなんですね。
だから同じ「6畳」でも京間と江戸間では結構な差が。
「6畳ってなってるけど狭そう・・・」と感じるのはきっとこういうところに理由があります。

【帖数計算】
上でもお話ししましたが、1帖=1.62㎡と決められていましたね。
ということは、全体の平米数を1.62m2で割れば部屋全体の帖数が計算できることになります。

それでは、部屋の帖数だけわかっていて平米数を知りたい場合は?

部屋全体の帖数÷2×3.3=平米数で算出できます。

転じて、平米数÷3.3×2=帖数でも求められますよ。

tatami

カテゴリー: 建物について パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です