女性限定マンションとは?

女性限定マンションとは?女性限定マンション、または、女性専用マンションとは、その名のとおり、女性に限り入居(契約)が認められるマンションのこと。入居者制限として「女性である」ことが設けられている物件です。初めて聞くとどこかの企業や大学の寮かと思ってしまいますが、一般の賃貸マンションでもあるんですね。

女性限定ということもあり、おのずと単身者向け1R~1LDKのお部屋が主流。また、ターゲットを女性にロックオンするだけあってセキュリティ万全の物件が多いようす。

女性のお部屋探しの条件として圧倒的上位にくるのがこのセキュリティ・防犯設備の充実ぶり。
そう考えると女性限定マンションて良さそうだけど、具体的にどんなメリットがあるのか。逆に考えられるデメリットはなにか、まとめてみました。

【メリット】
・セキュリティ、防犯設備、管理体制が万全である
(オートロック・防犯カメラ・宅配ボックス・警備システム導入etc.)
・大家さん同居物件も多く、安心度が高い
・初めての一人暮らしでも建物内には女性しか住んでいないので、ご本人もご両親も安心できる
・住人同士のトラブルがあった場合にも、女性同士だから話し合いやすい
・収納や水廻り設備の利便性が高い(さらに言うとデザイン性が高い物件も多い)

【デメリット】
・「女性限定」であることが外部に知れてしまった場合、「女性しかいない」というのが逆にウィークポイントになる可能性がある
・彼氏ができても遊びに来られない物件がある
・門限がある物件もある

私自身としては「門限がある」物件が一番キビシイかな。申込前に要確認ですね。
また、「彼氏ができても遊びに来られない」というのも”物件により”の話。ほとんどが来訪するくらいはOKだと思いますよ。但し、中には身内であっても男性の入館絶対禁止というキビシイ物件もあるようです。この点、契約前にしっかり確認しておきましょう!

ちなみに、「男性限定(専用)マンション」ってあるのか?不動産会社で働いているけど、そういえば見たことがない。ってことで検索してみたら、出てきたのは、風呂なし/トイレ共同などなどの年季のこもったヴィンテージ物件ばかり。うーん、確かに男性しか住めなそう。それにしても女性限定と男性限定のギャップは大きい。きっと大家さん男性よりも女性の方が静かにキレイに暮らしてくれるからって思うんだろうな。そうかもしれないけど、男はつらいね。

東京360°ブログ

カテゴリー: 建物について パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です