リノベーションとリフォーム、何が違うのか

リノベーションとリフォーム、何が違うのかリノベーションとリフォーム。不動産会社で働いていながら曖昧に使っていた二つの言葉。
リノベーションの方がちょっとばかしオシャレ度高いかしら?ぐらいに思ってました。

友人から知ってて当然とばかり「違いってなに?」とギモンを投げられたものの答えられなかったので、これを機に。

まずは英和辞書。

reform・・・1.〔悪い状態からの〕改良、改善、革新、改革、変革、改正、改編
renovation・・・1.〔古い建物・部屋・家具などの〕修復、修理、改築 2.革新、刷新
【SPACE ALC】より

辞書で調べてみても、両者、言葉自体にはそんなに大きな違いはなさそうですね。
言葉の持つニュアンスとかわかればカッコイイんですけど。そんなとこまでわかりませんので、これはネット情報。
reform(リフォーム)という単語はそもそも「経済や社会制度を改良する」という意味で用いられるのだそう。”お家をなおす”意味で使われているのは日本ぐらいのものなんだとか。ちなみに英語圏ではrenovation(リノベーション)。そういえば辞書にはちゃんと古い建物などの修復、改築、刷新、となってましたね。なるほど~。

ではでは、次に建築・不動産業界の諸々を監督する立場の国土交通省はなんと定義しているか?

リフォーム・・・新築時の目論みに近づく様に復元する(修繕)
リノベーション・・・新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)

分かるような分からないような感じですが・・・
どうやら、

「リフォーム」というのは原状回復・機能復旧を目的として、内装の模様替えや設備の刷新をすること。具体的にいえば壁紙の貼替えや床の張替え、キッチンやトイレの交換、エアコンの付け替えなどなど。上物の取換え・修繕など比較的小規模な工事で済み、あくまで新築当時の機能に戻すための作業。

これに対し「リノベーション」は、より大規模で全面的な工事をおこなうことで、新築当時以上の付加価値を持たせて機能や価値を向上させましたよ、ってことを表現するのに使われる傾向。また、住む人のライフスタイルに最適化するようデザインし直すというのもポイントのようです。
例えばどんな工事かっていうと、建物をスケルトン(骨組み)だけにして間取りも配管設備もなにも全面改修したり。最近だと耐震性・免震機能の強化やIT化させることが多いみたいです。

そもそも日本ではどちらも建物の修復や改装を指す言葉。明確な違いは無いんだと思います。実際、施工内容の違いで2つの線引きがあるわけでもないし。それでも、工事をする職人さん、設計を手掛ける建築家、部屋のオーナーさんなど、それぞれの思いを表現するのに少しばかり言葉の意味合いに差が生まれるんでしょうね。

東京360ブログ

カテゴリー: 不動産用語 タグ: , パーマリンク

リノベーションとリフォーム、何が違うのか への2件のフィードバック

  1. 名無し のコメント:

    リノベーションというと、以前は、倉庫や事務所を住居用に改装したりと、本来は別の用途に使っていた建物を住居用に改装することを指していたような気がしますが、今は違いなく使っているようですね。

  2. ピンバック: リノベーション物件に住んでみる | 東京 内見日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です