知らなかった「失火ノ責任ニ関スル法律」

知らなかった「失火ノ責任ニ関スル法律」毎度このブログを書くときはネットでちくちく調べながらやっているのですが、いつも脱線していく傾向にありまして。で、今回も最初はちがうテーマで書いていたのですが、踏み外してこちらのお題に。あまりにショッキングでしたので。

というのも、

「うっかり火事を起こしても賠償責任はない」のだとか。

 

えっ!?ウソでしょ。

 

読み進めてみると、
自分の家が火元となり、近隣のお宅が焼けてしまった(類焼)場合においても、「失火の責任に関する法律(以下、失火責任法)」により重過失に問われなければ法律上の損害賠償義務は発生しないということ。

みんな小さい頃、「人に迷惑をかけたらちゃんと謝りなさい」「自分のしたことには責任を持ちなさい」と躾けられてきたはず。ここにきてこのどんでん返しはかなり強烈です。

 

そもそも失火責任法とは何ぞや?

と確認する前に、まず、民法709条【不法行為の要件】を見て下さい。
ここには「故意又は過失に因りて他人の権利を侵害したる者は之に因りて生じたる損害を賠償する責に任ず」とあります。

砕けて言うと「他人に損害を与えたら賠償責任がありますよ。例えそれがわざとじゃなく不注意で起こしてしまったことでもね」ということ。

はい。これは納得がいきます。

ところが、失火責任法を見てみると「民法709条の規定は失火の場合にはこれを適用せず。但し失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず」となっています。

つまり・・・?

通常は、他人に迷惑をかけたら民法709条に則って損害賠償するのが原則。だけど、こと失火(火災)に関しては、重過失が認められる場合を除き、この民法709条の原則は適用されず賠償責任を「問えない」ということ。

※賠償責任を「問わない」のではなく「問えない」のだそう。土地の狭い日本では木造家屋が密集していて、火災が起こると広がりやすいということ。それに加え自宅を失ったうえに類焼させてしまった近隣の人の家・資財まで損害賠償責任を負わせるのは賠償能力をはるかに超えてしまうという様な背景もあるようです。

寝タバコの不始末や天ぷら火事、石油ストーブの火がカーテンに移ったなどなどの「うっかり(軽過失)」が原因の場合は賠償責任は負わなくていいことになります。

じゃあ、もしも自分の家の隣に住む人が寝タバコで火事を起こしたら?
誰が財産を補償してくれるの?

ここまでお話しした通り、お隣さんに賠償責任を問えませんので、自分の財産を補償してくれるのは火災(家財)保険しかない、ということになります。

おそらくお部屋を借りる際、もしくは更新時、火災・家財保険への加入を求められ1.5万円~2万円ほど支払っているかと思います。あれです。支払う時にはイタイなと思ったけれどもしっかりと財産を守ってくれているんです。

※損害保険の種類のちがい
火災保険・・・建物にかけられる  家財保険・・・家具などのモノにかけられる

では次に、もしも自分が火事を起こしてしまった立場であったら、心苦しくも近隣の方への損害賠償責任は、やはり負わなくていいものとなります。

ただし、賃貸に住んでいる場合には、部屋を原状に戻してから大家さんに返す義務があります。火事を起こしてしまうと借りた状態で返すという義務を果たせなくなるので、賃貸借契約の債務不履行ということになります。

※賃貸借契約書こんな文言がないかCheck!
「賃借人の責に帰すべき事由によって貸室・借家を破損したときは、賃借人は速やかにこれを原状に回復し、または損害の賠償をするものとする」

債務不履行の場合は失火責任法は適用されません。自分も火事で財産を失っていても大家さんへの損害賠償責任を負わなければなりません。酷ではありますが。

そこで知っておきたいのが、火災・家財保険に付けられる「借家人賠償責任担保特約」というもの。ざっくりいうと借家人の家主に対する賠償責任を補償してくれるもの。ご自身の加入しているものを確認してみて下さいね。

ここで損害保険の種類や補償範囲などについてもお話したいところなのですが、複雑なのでいずれの機会に。

 

最後に、軽過失なら責任問われないといっても、場合によっては重過失とみなされ賠償義務を負うことになります。寝タバコで一度ボヤを起こしたことがあるとか、ホテルで寝タバコ禁止と注意喚起されているにもかかわらず火を出してしまった。などなど。

何にせよ、命にも関わることなので十分過ぎるくらい注意したいものです。

東京360°ブログ

カテゴリー: こんな時は?, 保険 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です