床の遮音等級L-○○とは?

床の遮音等級L-○○とは?お部屋を探す際、物件に求める設備っていろいろありますよね。
今では当たり前になったオートロックや、不在時でも荷物を受け取っておける宅配ボックス。

こういった便利設備のほか、意外と新しいお部屋探しの際に重視されているのが、

床の遮音性(防音性)。

結構、気にされる方が多いようで、「今のマンションでは上階の人の足音が気になるんです」なんてことが少なくない。

実際、賃貸に関わらずマンションでの住民トラブルの要因の一つに上下階の生活音の問題があるようです。ですが困ったことに環境音の問題に比べ、生活音については住んでみないとわからないのがホントのところ。

そこで、床の遮音性能についての目安になるのがこの遮音等級L値。

賃貸の物件概要でも目にする遮音等級”LL-○○”とか”LH-○○”というふうに表記されているものですが、

例えば、「遮音等級LL-45」と言われても、どのくらい良いものかわかりませんよね。

この数字、小さい方がいいのか大きい方がいいのか?

L値の数字は小さいほど遮音性が優れているんです。

そもそもこのL値とは、上階の衝撃音が下階で聞こえる音の大きさを示す数値で、
床から伝わる個体音を遮断する能力(衝撃音性能)を表すもの、なのだそう。

さらに、このL値で表される床の遮音性能には、

人が走り回ったり飛び跳ねたりする重量衝撃音の伝わりを表す”LH”と、
物が落ちたり、イスを引きずったりしたときの音(軽量衝撃音)の伝わりを表す”LL”とがあるようです。

以下は、LL・LHの区別はされていませんが、遮音等級L値と生活実感の目安表です。

 

遮音等級 L-60 L-55 L-50 L-45 L-40
人の
走り回り、
歩行音など
よく聞こえる。 聞こえる。 小さく聞こえる。 聞こえるが意識することはない。 かすかに聞こえるが、遠くから聞こえる感じ。
物の落下音、イスの移動音など かなり気になる。 気になる。 聞こえる。 小さく聞こえる。 ほとんど聞こえない。
生活実感、
プライバシー面
・上階の生活行為がわかる。
・スリッパ歩行音が良く聞こえる。
・上階の生活行為がある程度わかる。
・イスを引きずる音がうるさく感じる。
・スリッパ歩行音が聞こえる。
・上階の生活状況が意識される。
・イスを引きずる音は聞こえる。
・歩行などがわかる。
・上階の生活が多少意識される。
・スプーンを落とすとかなり聞こえる。
・大きな動きはわかる。
・物音がかすかにする程度。
・気配は感じるが気にならない。

 

最近のマンションではL-50が多いようですが、表記されるのは大体”L-45”以下の物件。
これなら十分合格と言って良さそうですね。

ちなみに、木造住宅における床の遮音性能は鉄筋コンクリート造の建物に比べて遮音が難しく、その性能(等級)はどうしても低くなってしまうそうで、一般的にはL-60~L-75程度なのだとか。

どうりで、我が家では足音どころか目覚ましの音まで聞こえるわけです・・・

 

 

 

東京360°ブログ

カテゴリー: 建物について, 賃貸不動産について タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です