月々の家賃に消費税はかかる?

月々の家賃に消費税はかかる?

Q 月々の家賃に消費税はかかる?

A 住居用の賃貸物件の家賃に、消費税はかかりません。

消費税法基本通達では、住宅(居住用不動産)の貸付において発生する家賃(共益費、礼金、更新料等含)について、消費税は課税されないこととなっています。

住宅貸付の定義を詳しく見てみると、「住宅とは、人の居住用に供する部分をいい、一戸建ての住宅のほか、マンション、アパート、社宅、寮などを含む」また、「貸付とは、人の居住の用に供することが明らかなものに限り、一時的な使用の場合を除く」となっています。

※「一時的な使用の場合を除く」とある「一時的な使用」の期間は、1か月を超えるか超えないか、ということだそうです。

つまり、居住用不動産で貸付期間が1カ月以上であれば消費税は非課税ということ。
ですが、貸付期間が1カ月に満たないウィークリーマンション等は居住用であっても課税対象に。また、貸付期間が1カ月以上であっても、ホテルやリゾートマンションのような旅館業施設に関しては住宅とみなされず課税対象となるのだそう。

このほか事務所利用であったり、駐車場の料金なども気になるので以下にまとめます。

  • 住宅の賃料(管理費等含)については、消費税は非課税
    ※居住用であってもウィークリーマンション等の貸付期間が1カ月未満のものは課税対象
  • 貸付期間が1ヶ月に満たない賃料については、消費税の課税対象
    ※貸付期間が1カ月以上であってもリゾートマンション等の旅館業施設は課税対象
  • 事務所や店舗利用などの事業用賃貸物件に係る賃料は、消費税の課税対象
    ※但し、自宅兼仕事場として使用できる「SOHO」物件については、あくまで住宅としての契約になるので消費税は非課税
  • 駐車場の月極・時間貸しの料金は、消費税は課税対象
    ※但し、駐車場としての用途に応じる地面の整備、フェンス、区画等の整備をしていない場合、消費税は非課税

しかし、すべてに但し書きがありますね・・・
法律は誰が読んでも誤解の生じないように言い回しを考えられてつくられたそうですが、誤解ですら理解するのはむずかしいです。

カテゴリー: 賃貸不動産について パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です