壁に画鋲の穴。退去時に補修費用請求される?

壁に画鋲の穴。退去時に補修費用請求される?

Q 壁に画鋲の穴。退去時に補修費用請求される?

A 基本的には大丈夫です。

壁にカレンダーを画鋲でぷすっと留める。どこの家でもやってますよね。
これぐらい大丈夫だろうと思いつつ、いざ引越となると心配になる。
まさか、費用請求される?

でも安心してください。

借主の不注意による損耗については、借主が修繕費用を負担することになりますが、
通常の使用による損耗や年数が経ったことによる自然損耗の修繕費用は、
月々の賃料に含まれるものであり、借主側に原状回復義務はないとされています。

そして、ポスターやカレンダーなどの掲示は、通常の生活において行われる範囲のもので、
そのために使用した画鋲等の穴は、通常住まい方・使い方による損耗として考えられる。
とされているそうです。

(ガイドラインに法的な強制力はありませんが、原状回復の考え方の指針となっています。)

つまり、「画鋲の穴」について、基本的に修繕費を払う必要はないとされています。

とはいえ程度ってものがあります。
壁中写真ペタペタ画鋲プスプス穴だらけでは、補修費負担となった例も。
気を付けてください。

修繕費の割合については、物件ごとに違いますので契約時にしっかりご確認を。

このほか、少し重い物を壁にかけたいときに使いたくなるのが釘やネジ。
ですが、これらの使用は出来るだけ控えてください。
画鋲等に比べ壁深くまで穴が達してしまい、下地ボードの張り替えが必要になることが。
そうなると費用負担は免れない可能性が高いです。
壁の中を通る電気配線を傷つけて「漏電!」なんてことになったら大変ですから。

物件により規定は様々、特約がある場合もあります。
原状回復義務については契約書にも記載されていますが、
気になることは小さなことでも大家さんや管理会社にドシドシ質問してください。


tokyo360°ブログ

※契約内容は物件ごとに相違がございますので、契約時にご確認下さい。

カテゴリー: 建物について タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です