物件までの所要時間・徒歩○○分ってホント?

物件までの所要時間・徒歩○○分ってホント?

Q 物件までの所要時間・徒歩○○分ってホント?

A 大体の目安と思って下さい。

こんなあやふやな答えですみません。

徒歩の場合の所要時間は不動産公取協の表示規約で、
「道路距離80mにつき1分を要するものとして算出し、
1分未満の端数が出た場合は切り上げて1分として計算すること」と定められているんです。

たとえば駅から500mの場所にある物件までの所要時間を計算する場合、
[500m÷80m/分=6.25分]となり、表示は「7分」。
※信号や踏切の待ち時間、坂・階段の昇り下りによる時間のロスなどは
考慮しないものとされています。

と、ここで規定にある「道路距離80mにつき1分を要するものとして」
という点に注目して下さい。
1分で80m進むということは、1秒間に1.33m進んでいる想定。
文字だけで見ると「瞬間移動!?」って思ってしまいますね。

実際にメジャーを床に置いて歩いてみたところ、やはり少々無理があるような。
結構な早足を意識していないと維持できないかな・・・という感じです。

そもそも一つの定義で算出した数値では、万人に当てはまらないのも致し方ないこと。

歩く速さは人それぞれ、多くの場合女性より男性の方が歩くスピードは速いし、
履き物によっても歩き方は異なります。

ですので、物件概要にある「徒歩○○分」の所要時間は大体の目安として、
「徒歩○○分程度」と思って実際にご自身の足で確認していただくのが一番かなと思います。
思わぬ近道を発見することもありますよ。

tokyo360blog

カテゴリー: 部屋探し パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です