間取りのK、DK、LDK それぞれどのくらいの広さなの?

間取りのK、DK、LDK それぞれどのくらいの広さなの?部屋を探す際、間取りはけっこう重要なポイント。

1R 1K 1DK 1LDK 1SLDK 2K・・・などなど。

もちろんこれだけで部屋の大体の予想はつくんだけど、
例えば、「DKとかLDKってそれぞれどのくらいの広さなの?」とか思いませんか?

実際のところ、
ダイニングキッチン(DK)やリビングダイニングキッチン(LDK)と表記するのに、
何畳から何畳までという決まりはなく、各雑誌、インターネットサイト、
不動産屋によってその基準はさまざまなんです。

そこで今回は、そのおおよその目安と、よく見る間取り表記の意味をお話しします。

Kとは・・・K=キッチン。2畳~4畳ほどの広さ。
冷蔵庫と小さな食器棚なんかを置いて、空いているコンパクトな空間で作業できるくらい、かな。単身者向け賃貸マンションでは廊下にキッチンが備えられているケースが多いですね。

DKとは・・・DK=ダイニングキッチン。4.5畳~7畳くらいの広さ。
ちょうどダイニングテーブルをおけるくらいの広さ、といったところでしょうか。

LDKとは・・・LDK=リビングダイニングキッチン。8畳以上の広さ。
ひとつの部屋で「居間(リビング)・食事をする場所(ダイニング)・台所(キッチン)」
として利用できるだけの広さ。

Sとは・・・S=サービスルーム。1SLDKとか2LDK+Sと表記されているもの。
建築基準法では、居室の有効採光率が決められていて、
床面積の7分の1以上開口部(窓)がないと居室(部屋表示)として認められません。
これにより部屋の広さに関係なく、居室として扱えない部屋を「サービスルーム」、
または、「納戸(N)」とか「ストレージ(STR/STO)」といっています。
実際には独立した部屋として充分使えるんですけどね。

DENとは・・・DEN=英語で「巣・洞穴」を意味する言葉。
このことから、隠れ家的な用途を持つ部屋という意味であったり、
書斎や趣味を楽しむ部屋という意味合いで使われています。
特に広さや形、機能での基準はなく、先にお話しした、
サービスルーム(S)、納戸(N)、ストレージ(STR)との区別も曖昧なものなんです。

WICとは・・・WIC=ウォークインクローゼット。
中に歩いて入ることができ、更衣室代わりにもなるぐらいの広さをもったクローゼットのこと。
普通のクローゼットは「CL」と表示されます。
しかし最近では、ファミリークローゼット(FC)とかウォークスルークローゼット(WTC)なんていうのも。
いきなりそんな記号並べられてもわかりませんって感じです。

・ファミリークローゼット(FC)というのは、WICほど大きくはないけど、ハンガーパイプも備わっている収納小部屋。
・ウォークスルークローゼット(WTC)は、名前通り、出入り口が2つあって通り抜けのできるクローゼットのこと。その広さは歩き回れるほど。

これらを広さの順に並べると、CL<FC<WIC<WTC といった感じでしょうか。

ちなみに、「2K」などの表記にある数字は、部屋の数です。
「2K=キッチン2つ」ではありません。

もちろんそんなの知ってるよって思われるでしょうが、
知り合いでそんな面白いことを言ってた人がいるので。念のため。

※追記

平成23年11月11日に不動産取引協議会より、指導基準が設けられました。

キッチンイメージ

カテゴリー: 不動産用語, 建物について パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です